IT

グループウェアはクラウドがベスト|新時代の幕開け

頭を悩ませる課題

笑顔の男女

社員のモチベーションを上げたり管理したりすることに関して、頭を悩ます管理者や経営者は多くなっています。セミナーや研修などに積極的に参加する人も多いのですが、現実問題あまり意味を成しません。最も効果のある方法は、プロ意識の植え付けなのです。

Read More

効率化を検証

社員

組織診断は、企業の中の無駄やムラを省くことが目的になっています。バブルのころは売り上げ拡大をすることが容易であったため無駄に気づくことはなかったのですが、コスト重視の現代においては無駄を省くことが業績に直結するのです。

Read More

企業における情報共有情報

クラウド

企業の情報共有の特徴

一般的な企業において、業務上の情報を共有することは、過去からとても重要なことになっていますが、IT化が進んで現在でも同じです。特にITを利用しやすい分野として、情報共有をあげることができ、それを実現する仕組みとしてグループウェアがあります。グループウェアは、企業のネットワークシステムを利用して、従業員同士の情報共有やメールシステム、スケジュール管理を行うものです。こういった機能が一つに統合されていることもあり、利用者はこれらの仕組みを使うことで、効率よく社内の情報を共有することができます。またグループウェアは、クラウドにも対応したものが多くなってきており、一般的なツールとして、普及が進んでいます。

情報共有方法の人気の理由

社内の情報共有として、グループウェアが一般的になってきていますが、それにはやはり相当の理由があるからになります。まず最初にウェブブラウザを利用した仕組みのものが多くなってきており、導入へのハードルが低くなってきているということがあります。これにより利用する端末を選ぶことがなくなり、クラウドの利用とともに、どこでもどのような端末でも利用できるという訳です。またクラウドを利用できるということは、グループウェア導入の初期投資額を抑えられるというのも、人気を集める理由の一つです。このようにグループウェアは、クラウドコンピューティングの利用を合わせて、人気の高い企業における情報共有システムとなってきているのです。

業務効率を向上

IT

社内システムを刷新して全ての業務を自社開発に頼る場合、開発期間がかかり、同時にコストも増加します。そこで、システム全体の中で、ERPでカバーできれば、開発期間およびコストの削減を実現できます。つまり、自社開発とERPを融合させることで、効率良くシステムを刷新することが可能になります。

Read More